キタミナ

当面は日本に帰らないでなんとかやろう。

禁欲(オ〇禁)がとうとう2日目という歴史的一歩を踏み出した話 ~始めることの難しさ~

小学生のころに行った修学旅行のお土産に木刀を買ってしまうほどにはお土産選びのセンスが壊滅的なので帰国の際はひっそりと帰ろうと思っています。西江(@SNisie1129)と申します。 

 

 

 

 13日前にこんな記事を書きました。

www.nisiesho.work

 

あれからの進捗はというと……

 

 

 

 

本日、晴れて2日目となりました。すっごい進歩。

 

 

「今度はマジッス」なんて書いた翌日にあえなく性欲という途方もないビッグウェーブにのまれてしまったこともあり、それまでピンと張りつめていた緊張となぜか責任感までをも失い、ここ2週間ほどは惰眠をむさぼり、勉強もそこそこに台湾人とバスケットボールをしたりフランス人とききワインをしたりしてました。

 

 

やりたいこと・達成することリスト99によると今月には月間アクセスが5万を超えなければいけませんでしたが半分程度でした。やはりワーキングホリデーという留学的なことをやっている手前、あまりブログだけやるのはどうなの、ということを昨晩考えながら眠りにつきましたがなんだか言い訳がましいですし、宣言した手前 多少は見苦しくとも、達成月が遅れようとも努力していこうと思います。

 

 

さて本題の「禁欲」についてですが………え?聞きたくないって?そう言わないで少し聞いていきなさいな。きっと何か益となることがあるから。

 

 

 

それで禁欲ですが、先述したように本日で2日目となりました。禁欲の難しさのひとつには「はじめることの難しさ」があると思うのですが世の男性諸君どうでしょうか。

 

明日から!ぜってぇ明日から始めるから!マジでマジで!!」と自分に言い訳を重ねていたらいつまでも禁欲を始められず一日目を無限ループ、っていうのも往々にしてあるような気がします。というかこの2週間の私がそうでした。「これが健全な青少年の姿だ!文句あっか!」と言いたいのですが世の男性諸君どうでしょうか。

 

 

そこで今回は考えたのですが、何故われわれ健全な青少年たちは突然現れる性欲にこれほどまでも翻弄されるのでしょうか。

 

 

「本当に彼女のことが好きなのか性欲によるものなのか分からない…」ということを15歳の冬 友達とサイゼリヤでミラノ風ドリア食べているときに呟き、みんなの反感を買った田口君を悩ませた性欲というのは何なのでしょうか。

 

 

 すみません。風呂敷を広げすぎました。たたみます。そんなデカい話をしたいわけじゃあない。

 

とりあえず私がこれまでと同じような過ちを断ち切るために考える必要があったのは「なぜ私は自慰行為をしてしまうのか」という難題についてです。

 

 

なぜ自慰行為をしてしまうのか。

 

 

この2週間を振り返って自慰行為に至るまでのプロセスとその脳内図はいたって簡単でした。

 

 

①ムラムラする(不可抗力)

②ちょっとだけエロいモンでもみよう

③少しだけ竿をさわってみよう

④いや…まだいけるだろ…こんなもんじゃねぇよオレは……

⑤今日はとりあえず抜いとけってオレ!ここまでやっといて止めたらもう、逆にアレだよ!体に悪いって!?な!頼むよ!

⑥いや、、、やっぱりまずいって、、、西江それは、、、、いやでも、、、、、ぁああああぁぁぁあ♡

 

 

という6ステップだけでした。深夜に私はなにを書いているのでしょうか。

 

 

そこで問題点ですが、これは間違いなく②の「ちょっとだけエロいモン見よう」という事ではないでしょうか。ムラムラするのは仕方ないんです。生理現象です。ただこの②。これは防げる。可抗力。この唾棄すべき軽薄な行為が毎晩西江を裏切らせてきた元凶だったのです(衝撃の事実)。許せねぇぜ…!

 

 

 

そこで今回より私はエロいモノを一切見ない方針で禁欲に挑もうと思います。

 

先日、それはそれは優秀な大学に通う知り合いに「オナ禁しているんだけどなんかアドバイスある…?」と打ち明けると「生理現象を無理に止めるのはよくないでしょ。抜くが吉」と深い慈悲のようなアドバイスをもらいましたが…なんつーかこう…。。その通りかもしれないけども。。。吉、、なのか、、、?

 

 

それがオナ禁というのはどうかと思いますが、私は何か新しいことに挑戦するのが好きです。それだけなんです私にオナ禁をさせるのは。決してオナ禁に付随するモテる、経済的成功、島田紳助になれるといった都市伝説的な効果ではないんです。

 

 

「人は欲望の質で人生が決まる」という名言を先日、何かのコメント欄で読みました。たしかマンガワンってアプリのウシジマくん142話のスーパータクシーくん第8話です。なんという名言、格言なのでしょうか。金言ともいえるのでしょう。不滅の真理のように思えるのは私だけでしょうか。

 

いつか私が成功を収め、テレビや雑誌で取り扱われるようなことがあったら開口一番言ってやりたいよ。「オナ禁がすべてを変えたんだ」ってね。プロフェッショナル?それはケイスケホンダ、くらいの勢いで。

 

 

 

おわり。

 

え?益となるものは何もなかったって?知らん。そういうのは人にもらうんじゃなくて自分で見つけ出すもんなんじゃないでしょうか。とりあえず今後はこんな夜中に書いた自慰的記事にはひっかからないようにね。

 

 

とりあえず3日目を達成できるように頑張ります。どうしてもダメな時は記事にしてから抜きますね(頭おかしい)。

 

 

 

 

 

日本ブログ村に参加してします。

下記のボタンを押していただけると、嬉しいです。

  

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村