キタミナ

当面は日本に帰らないでなんとかやろう。

オーストラリア ストロベリーファーム カッティングジョブが思ってた以上に辛い

問題です。

f:id:ironchocolate:20180426215630j:plain

上の画像で切るべき葉っぱを切ってください。

 

 

 

 

 

はい。答えが下の画像です。

f:id:ironchocolate:20180426215709j:plain

 

如何だっただろうか。え?つまんねーって?やかましいわこちとらこんな地味な作業を一日中やっとるんじゃ、、、頭が、というか知能が日に日に落ちていく気がするのは気のせいか。

 

今回は、イチゴファームの仕事でも屈指の地味さと辛さを誇る作業「カッティング」について紹介させていただく。

 

 

カッティングをは何か

f:id:ironchocolate:20180426215756j:plain

名前の通り、イチゴの葉っぱや茎をカット(切る)作業である。

 

オーストラリアにおいてイチゴファームといえば広大な土地にいくつものブロックの畑がある。まずはプランティングといって苗を畑に植えることから始まる。そして最終的にプランティングを終える頃には最初にプランティングを終えた畑の苗が部分的に枯れ始めたり、最初の写真にあったようにランナーと呼ばれる長い茎やしおれている葉っぱが発生してくる。

 

良いイチゴを作るためにはそのような余分な茎や葉っぱに養分がいかないように間引く作業が必要であり、それが今回紹介するカッティング作業である。

 

 

カッティングの辛いところ

f:id:ironchocolate:20180426220619j:plain

 

皆さんは赤くて可愛らしいイチゴを食べるときって何をご想像なされるだろうか。甘酸っぱい青春や子供の頃を思い出したりするのだろうか。私は小学生の時にクラスでいちご狩りに行き、私が大きなイチゴを取るたびに竹原君に横取りされて最終的に泣かされたクラス替えしてすぐの遠足を思い出す。

 

あーんな可愛い果実なのですから各自おもいおもいに素敵な思い出があることでしょう。しかし、今度からは男共のケツを想像していただきたい。

 

腰が痛すぎる問題

f:id:ironchocolate:20180328225430j:plain

というのはイチゴの仕事って皆さんが思ってる2兆倍は辛いことからである。というかそもそも皆さんはイチゴ仕事がどのように行われているかなんて興味もなければ調べたこともないことだろう。私だって実際に仕事をしなければイチゴ農場での仕事なんて一生考えることもなかったはずだ。そもそも私イチゴそんなに好きじゃないし。あれって生で食べるよりもイチゴミルクみたいな加工品になったほうが美味しくないか?

 

で肝心のイチゴ仕事ですけれども、ほとんどの仕事が腰を曲げての作業。

 

特に複雑な作業もないので、特筆して辛いことはこの一点くらいなもんなんですけど、一日中腰を曲げて作業をするっていうこと自体が激務なんですよ。矛盾っぽいですけども。

 

もう本当に辛くて、仕事始めには「今日も稼ぐか!Foooooo!!」とかいってるオーストラリア人が仕事終わりに近づくにつれ口数が減りイライラしてる始末。挙句の果てにはスーパーバイザーという役職の人と険悪になったりする。

 

大抵は歩合制

現在私が働いているファームは珍しくすべての工程が時給制(歩合制に変更も可)なのでそこまで急がなくても最低自給(22.86ドル)はもらえるのだが、他のカブルチャー、サンシャインコースト付近のストロベリーファームのカッティング仕事は軒並み歩合制である。そのため結構なスピードで作業をしないと最低自給を貰えないので、人によっては非常に辛いと思われる。

 

しかし、中には歩合制の方が稼げるといった強者もいるので人によるだろう。

ちなみに私が他のファームの歩合レートに則って時給を算出したところ、一時間なんと13ドルほどであった。早朝の天候、体調的にベストな状況下であったので、おそらく私はカッティングにおいては歩合制は向いていないのだろう。

 

 

注意点

f:id:ironchocolate:20180426215912j:plain

まず、上の画像のようなお花や青いイチゴを切ってはいけません。ご法度。私は一度スーパーバイザーの目の前で写真のような白くて綺麗な花をカッティングしてしまったことがあったが、「なにやってんのよもう~!」とおちゃらけた感じで言われましたが目が全く笑っておりませんでした。気を付けてください。怖かったです。

 

あと、私のストロベリーファームではこのカッティング作業において切るものは以下の4つ、

  1. ランナー(長く伸びた茎)
  2. 後々枯れる可能性の高い茎(茎の色が赤い)
  3. 既に枯れている葉っぱ(黒くなっている)
  4. 雑草

がありました。

 

特に忘れがちなのが雑草で、何人かは列を再チェックするように言われている人もいました。無論、私もそのうちの一人です。

 

 

まとめ

以上が私が体験したストロベリーファームにおけるカッティング仕事の全てである。

このほかにも切った苗や葉っぱを入れるバケツを毎回毎回運ぶのが面倒で仕方かなかったり、支給されるハサミやカッターの切れ味が悪かったりと辛いところはいくつもあるが、明日も朝早くから仕事なので寝なければいけない。時間があれば追記したいと思う。

 

 

 

日本ブログ村に参加してします。

下記のボタンを押していただけると筆者が明日も汗水たらして健康的な一日を過ごせる可能性が上がります。

  

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村