キタミナ

当面は日本に帰らないでなんとかやろう。

オーストラリア 優良 時給制のファームジョブ カブルチャー~サンシャインコースト

ハレルヤ。西江(@SNisie1129)だ。

f:id:ironchocolate:20180104181240j:plain

 

私はいま、オーストラリアにワーキングホリデーとしてもう一年間 滞在するためにセカンドホリデービザをとるためにファームジョブという農作業しているのだが、天候が悪かったり仲介人とファームの経営者が喧嘩したりして 最近 思うように仕事ができていない。88日働けば取得できるビザなので、多めにみても4か月くらいでいけると思っていたが、この調子だともう少しかかりそうな次第ある。

 

 

私が住んでいる最高に最低な衛生環境のワーキングホステルの仕組みとしては、入居して1週間のうちに最初のファームを紹介されて、運良ければそのまま1~4か月ほど安定してそのファームで仕事ができる。そうでない場合は仕事仲介人から色々な単発の仕事を紹介してもらい、安定した仕事に就くまでひたすら待つという形態をとっているようだ。

 

私は後者であり、ようやく手に入れたマンゴーカッティングという単純作業の極致のような仕事を経営者をブちぎれさせたり、朝食 昼食としてマンゴーをつまみ食いしていたりと勤務態度があまりよろしくなかったため解雇になってしまったので、つい最近まで色々なファームを転々としていた。

 

一つのファームを除き、どのファームも時給制かつ給料も遅延することなく定日に支払われるような優良ファームであったので、今回はそのうちの何件かを紹介させていただく。歩合制に疲れたり、劣悪ファームで働きたくない人の参考になれば幸甚に尽きる。

 

 

 

 Sunshine Tropical Fruit Products

私が最初に働いた仕事がこちらのsunshine tropical fruit productsである。

長所としては

  • 完全時給制(22.37ドル)
  • 土曜日は給料1.5倍
  • 仕事場にエアコン完備
  • 開始時間が早いので15時までには仕事が終わる
  • エアコン完備

ということが挙げられるだろう。

短所は仕事によってはほんっとうに退屈で脳が溶けるような単調作業であることだ。

 

本当に辛くなって書いた記事がこちらである。

→ オーストラリア ファーム仕事 マンゴーカッティング が単調(地獄)すぎる問題

 

 

地図はこちら

 

 

こちらのファームは私の思い出のファームでもある。

 

初めてクビになったファームであるからだ。

しかし読者諸君、誤解しないでいただきたい。完璧に私に非があってクビになったのだ。その点において、このファームは従業員 一人一人をしっかりと見てくれているという風にも解釈できるであろう。

はぁーーーー!!!なんであんなにマンゴー食べちゃったのだろうか!!なんでボスの言うこと聞かずにふざけてしまったのだろう!!!

 

賢い読者諸君のことだから、私と同じようなアホなことをしてボスを激怒させることはいないことだろうが、一応 例としてどのようなことをして激怒させたかをのせておこう。

→ ワーホリ ファームジョブで初めてオーストラリア人ボスをブチ切れさせた話

 

ちなみにここのファームはカブルチャーにあるバックパッカー宿と私の住んでいるワーキングホステルからワーカーを募集していたらしく、従業員はアジア人がほぼ100%で、たまにどこからはぐれてきたのかフランス人やイギリス人が働いていた。

 

 

 

McMartins Farm

f:id:ironchocolate:20180106144110j:plain

こちらのファームではライチのピッキングをメインに作業した。

 

記事にするほどのことではないとは思ったが、誰かの役に立つだろうと信じて眠気眼をこすってまで記事を書いたので、よろしければ参考にしてください。

オーストラリア ファームジョブ ライチピッキング入門

 

長所としては

  • 時給制(22.86)
  • 歩合仕事の代表格 ピッキングの仕事にも関わらず時給制で焦らされることもない
  • それほど田舎ではない(町からそこそこ近い)
  • ライチ美味しい

ということが挙げられる。

「ライチ美味しい」なんて書いたが、スーパーバイザーが食べていいよ、というので毎日 少しのライチをいただいた。学習能力が欠けている私だが、流石にマンゴー仕事で学ばせてもらっているのだ。同じ轍は踏まん。

 

地図はこちら

 

 長所もたくさんあるこのファームの唯一無二の短所が一日 5時間程度しか働けないということである。あと朝が早い。基本的にファーム仕事は早朝に始まるのだが、ここのファームの仕事は早朝5時から始まるのだ。そのため私はワーキングホステルを4時半に出発しなければならなかった。

 

 

私が仕事をした1月の上旬はライチピッキングだけであったが、ちょっと調べてみるとイチゴやその他の果実も取り扱っているようだ。

 

RYO Strawberry Fields

f:id:ironchocolate:20180120124920j:plain

こちらが現在 私が働いているファームである。

 

長所としては

  • 歩合のレートが高い ※一部作業は時給制
  • 国際色が豊か
  • 経営者が優しい、フレンドリー
  • 仕事内容が単調

が挙げられるだろう。

歩合制の仕事もあることであるが、レートも良いので問題はないだろう。

(2018年 2月24日 現在)

 

地図はこちら

 

仕事を開始したのは1月下旬であり、当初の仕事はファームハンドジョブであった。

 

 ファームハンドジョブについてはこちら。

→ オーストラリア ファームハンドジョブ入門

 

サンシャインコーストという名前にもある通り、サンがシャインしていて非常に暑かった。ファームハンドジョブから働きだしたい人は日焼け止めが必須になってくるので近くの薬局で業務用タイプの大容量 日焼け止めをお買い求めください。

 

殺人的な太陽に恐れをなした私は2リットルの日焼け止めを買ってしまったが、このファームハンドジョブ、この RYO strawberry Fieldsではそこまで長い期間はなく、実際に私が働いたのも3週間ほどであった。日焼け止め ほしい人は言ってくれ。望むだけ分け与えよう。

 

その後は昨年 使用した苗床に生えている枯れたイチゴの苗の除去作業であった。

こちらの仕事は歩合制の仕事であり、初日にヨーロピアンがそのレートに不満を言ってお昼を待たずに帰ってしまったことから、レートが大幅に改定された。従業員の不満にもしっかりと対応するのもここのファームの長所であるだろう。

 

なお、不満を言ったヨーロピアンに合わせてレートを設定したらしいので、そのヨーロピアン達の1.5倍は早く仕事をする私と他の中国人姉妹にとっては非常に稼げる仕事になった。といっても時給換算で29ドルほどであるが。

 

 

現在 このファームはCaloundraにあるバックパッカーと私の住んでいるバックパッカーの2拠点からワーカーを募っているらしいが、別に人を選んでいるわけではないので興味のある方は是非 訪れてみてほしい。

 

 Twist Brothers 

f:id:ironchocolate:20180414152115j:plain

こちらも歩合のレートが良いとされているサンシャインコースト付近にあるストロベリーファーム。

 

 

私は直接働いたわけではないので、詳細な情報は分からないが、聞いた分には

  • 2か月で6000ドル稼いだワーキングホリデーメーカーがいたので、歩合のレートが他のストロベリーファームに比べて高め。
  • スーパーバイザーに悪い人、嫌な人が少ない。

 と、まずまずのワーキングコンディションでしょう。とくにスーパーバイザーに悪い人や嫌な人がいないというのは素晴らしい。ファームの良しあしは給料もさることながらスーパーバイザーの存在も重要になってくる。特に多いのがスーパーバイザーが労働者の体調をスーパーバイズせずに働かせ続ける、というのも珍しくないからである。その点、ここのスーパーバイザーは気の良いおばちゃんが多いので、そのような劣悪なワーキングコンディションにはならないことだろう。

 

時給制ではないものの、仕事をした分だけ給料がもらえるというような歩合制には歩合制の良さがある。ご興味のある方は是非こちらのファームをどうぞ。

 

地図はこちら。

 

WaterWorths Nursery

f:id:ironchocolate:20180414151904j:plain

こちらが筆者おススメのナーサリーファーム。

 

私が住んでいたワーキングホステルで最もこの仕事が持ち逃げされていた。持ち逃げというのは、ワーキングホステルで働くことを条件として紹介された仕事を職場のボスに直接交渉して仕事を得てワーキングホステル以外のシェアハウスに移ることである。もちろん、あまり良いことではないにしろ、ワーキングホステルがひどすぎたからねぇ。。

 

 

長所とすると、ここのファームは

  • 完全時給制(22.86ドル)
  • 週4日以上働ける(雨天時も相当な雨量以外では中止にならない)
  • 金曜日は半日で仕事が終わる

ということだろう。

 

特に女性の仕事は群を抜いて楽な仕事が多いらしい。なんでもちっさい苗を卵のケースのような梱包容器に詰めていくだけ、みたいな脳が溶ける楽さの作業だそうだ。え、男?男は基本的にでっかい木とかそういう重いものの運搬だったりを任されるらしい。適材適所というやつだ。男子は筋トレになるとでも考えてほしい。

 

 

地図はこちら

 

まとめ

Google mapで調べたり、ネットで検索していただけるとホームページやFacebookのページ、電話番号やメールアドレスがのっているので、興味をひかれたファームがあればレジュメ(履歴書)を送ったりワーカーを募集しているかなどを聞いてみてほしい。どうせファームをするのなら稼いで、未来への選択肢を増やしてほしい。

 

 

 

ほかにもたくさん優良ファームが知らないだけでたくさんあると思われるので、随時まとめていこうと思う。

ヨーロピアンによるとワーキングホリデーメーカーの中でも日本人は特に劣悪ファームでも我慢して働いている人が多かったそうだ

 

もったいない。「日本人」というのはオーストラリア内のファーム業界においては一つのブランドといっても過言ではなく、仕事の正確さや責任感などは非常に評価されているのだからなんともったいないことか。

同じ日本人として怠惰かつ責任感の欠けた勤務態度でクビになった私を恥ずかしく思う。それは本当にすみませんでした。以後気を付ける所存だ。

 

レント割れ(給料が宿泊費に満たないこと)や法外に安いレートの歩合制のファームで働いている人がいるということは、環境に恵まれた私からすると想像するのが難しいが、あまり珍しいことでもないそうだ。

 

そんな迷える子羊のような日本人ワーカーが一人でも減ることを願う。

ganbatte!

 

 

日本ブログ村に参加してします。

下記のボタンを押していただけると、筆者の謎の頭痛が治る可能性が数パーセント上がります。いたいいたーい。

  

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村