キタミナ

当面は日本に帰らないでなんとかやろう。

波崎新港にてルアー釣り アジやイナダなどの回遊魚が漁港内に入ってきているというが…

 

一か月ぶりに釣りに出かけてきた。

 

 

 

場所

f:id:ironchocolate:20170910163544p:plain

  御覧の通り波崎漁港。

 

  波崎漁港は波崎漁港なのであるが広すぎるので、実際に私が釣りを行ったのは以下の画像の赤斜線で囲ったところである。

  

f:id:ironchocolate:20170910163932j:plain

 

 

 湾の中であるので足場も良く風もないので非常に釣りがしやすかった。

 

f:id:ironchocolate:20170910173345j:plain

 

 

f:id:ironchocolate:20170910173452j:plain

 

 

 

早朝4時ということもあり、人っ子ひとりおらず好き勝手にルアーを飛ばせらたのだが飛ばしすぎて対岸の堤防にルアーをぶち当て木っ端微塵ににしてしまい、開始早々非常に気持ちが沈んだ。たしかあのルアーは1300円ほで買ったものである。

 

 

 

 

堤防のふちを見て回ると小魚がたくさんいた。

おそらくアナハゼやメバル、メジナの幼魚だろう。一応は釣ろうとしたもののルアーには全く反応しなかった。

 

 

 

 

1時間ほど経っても何もつれないので半ば帰ろう決意したところ

 

 

 

 

 

ビビビッ

 

 

 

 

と魚がかかった。なかなか強い引き。

 

 

とはいっても今日の竿はヒラメやスズキなどの大型の魚を扱うものなので1分もしないうちに釣り上げることができた。

 

 

 

 

それがこちらの魚

 

f:id:ironchocolate:20170910175228j:plain

 

 

 

 

 結構な大きさに見えるが実際は

 

f:id:ironchocolate:20170910175646j:plain

ショゴと呼ばれているカンパチの幼魚である。

青物なので体長のわりに引きが強かった。

 

 

 

 アジやイナダなどを狙ってる人もチラホラといたが、連れている様子はなかった。

 

ちなみにこの後もショゴが3匹ほど釣れたので最後の一匹を持って帰ってお刺身で食べたら非常に美味しかった。流石 青物。脂もしっかりと乗っていてあまり刺身を食べない母も満足気だったので良かった。

 

 

 

 

 

 

「〇〇が釣れているよ」という情報があっても、実際に私が行く頃には釣れなくなっていることが多い。

 

 

 

 

そもそも釣具屋のおばちゃんが「今は何も釣れないから行かない方がいい」などと不利益なことをわざわざ言うわけがないのだと勉強になった。