キタミナ

当面は日本に帰らないでなんとかやろう。

日本人のモテる国 フィリピンのモテ基準

 

f:id:ironchocolate:20170815182547j:plain

 

モテる。

 

 

ここダバオに来てからやけに現地の女性にチヤホヤされるのである。嘘ではない。

 

 

 

 

私は日常的な買い物を下宿先のホテルの近くにある「ゲイサノモール」という大柄ショッピング施設でたしているのだが、行くと毎回見知らぬ女性達から声をかけられるのだ。しかし当然そのような誘惑に惑わされる私ではなく、何も言わずにアタフタしている間にその女性達はどこかに消えて行ってしまうのである。断じて恥ずかしがっているわけではない。

 

 

 

 

 

そこでエフレン氏とその親友のリッキー氏に話を伺ったところ、ここフィリピンでは男女問わず肌の白い人は異常にモテることを知った。

 

 

 

さらに熱心に自国のモテ要素について白熱した議論は続き、彼らの意見が合致したモテ要素を箇条書きにしてみると

 

  1. 肌が白いこと
  2. 歯並びが良いこと
  3. 姿勢が良いこと
  4. ほどよく筋肉がついていること
  5. 育ちが良いこと
  6. 髪に艶があること
  7. 指が長いこと
  8. 「目の横幅」が3㎝程度、「目の縦幅」が「目の横幅」の5分の2から2分の1(1/3~1/2)である事
  9. 慈悲深いこと
  10. 貞操観念が弱すぎず強すぎないこと

 

の10個のモテ要素が挙げられた。本当はまだまだあったのだが⑧以降は彼らの願望が入っているように思われたので記載はしない。ちなみに彼等には現在彼女はいない。

 

 

 

 

ちなみにダバオには訪れる外国人は、韓国、中国についで日本が多く、韓国と日本は同じくらいモテるそうだ。しかし現在は日本人の方が裕福である人物が多いので若干日本人の方が魅力があるらしい。しかし、韓国のメディアでの進出具合には目を見張るものがあり、テレビドラマは勿論、雑誌や広告においても韓国ものが多い印象があった。

声を掛けられるときもまず「韓国の方ですか?」と尋ねられることが多かった。

 

 

 

 

 

 

ことごとく男女の縁となれそうな赤っぽい糸を斬ってきた私であるが、まだ時間はある。

男女の仲までと多くは望まぬが、せめて普通に会話ができるように語学を身に着けたいと切実に願って一日を終える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ironchocolate:20170815183419j:plain

 最後に今日知り合った愉快な男を紹介する。

 

彼の名はヤコフ。私の父親と年齢が一緒の55歳。何が愉快って格好がまず愉快なのである。定職には就いておらず、その日その日を懸命に生きるわけでもなく「説明はできないが私が大丈夫と思っているうちは大丈夫」というどこからくるのかは分からない自信を持っており、ただ年を取った生き物が何か神秘的な雰囲気を纏うように彼もまた尋常ならざる者の雰囲気をもっていた。