キタミナ

当面は日本に帰らないでなんとかやろう。

フィリピン

初めての異国を去る 

ついに初めての外国、フィリピンを去ることになった。 少し名残惜しい。 そこで今日は無償で私の語学学習に付き合ってくれた恩人エフレン氏と海に行って黄昏ていた。 彼は私の母国 日本の小学校で3年間ほど勤務していたので邦楽もよく知っており、 「ショウ…

初めてオッドアイの野良猫に遭遇 

あまり記事には書いていなかったが、フィリピンには野良猫が多く生息している。 いろいろな路地裏に訪れると必ず猫に遭遇していた。 そして今朝、散歩中にオッドアイと呼ばれる目の色が左右で異なる神秘的な猫に遭遇した。 これが通常の野良猫。 日本のもの…

フィリピンでの食事が本当に合わない… 3週間で5㎏の減量してしまった

表題の通り、食べ物が私には合わないフィリピンである。 年頃 麗しき女性の皆さん。 南国のフィリピンでビーチでキャッキャしながらできるダイエットはいかがだろうか。 男共にはもちろんお勧めしない。 なぜなら私が過去から現在にかけて痩せていて女性にチ…

フィリピンで3週間 語学を実地で学ぼうとした私の成果 公用語はタガログでも英語でもない。地元言語である。

表題がやけに長くなってしまったが、伝えたいことのすべてが集約されている。 実際にフィリピンで語学学校に通わず実地で学ぼうとしている方にこのページが目に留まったのならもう他に私からの忠告することはない。悪いことは言わないからこれ以上ネットで情…

フレンドリーなフィリピン人の国民性 またも現地人の家に宿泊させてもらった話

表題の通り、またもや宿泊させていただき貴重な体験をさせてもらった。 宿泊先のご主人の名前はカービン。 初めて路上バスケをしたときにいた人物であり、タクシーの運転手という仕事柄 少しは英語が話せるようなことを彼の同僚が言っていたのだが実際はハロ…

サマル島を知っているか

滞在できるのも残り少なくなってきたので観光に行ってきた。 場所はサマル島というところで、とても美しい海とそこそこ綺麗な砂浜、そしてなにより人が少ない。観光シーズンの真っ只中であるにも関わらずにあの人気のなさに感動すら覚えた。 薄幸の少女っぽ…

エキゾチック路地裏 

暑い。 もう2週間近くこの国に滞在しているのだが相も変わらず日中は外出を控えている私なのでエフレン氏との語学学習を日中に密度濃く行い、午後からは町を探索しに下宿を出た。 某世界最大フランチャイズチェーン店で昼食を取っていると、去年から大学生に…

初めての異国ストリートバスケ 

フィリピンで国民的人気を博し、なおかつ多くの用具を必要としないスポーツとは何か。そう。バスケットボールである。 いつかの記事でも書いたが、中学生の頃、部活動としてそのスポーツを選択し栄光のあるベンチウォーマーとして活躍していた私である。今日…

フィリピンの問題の一つともいわれる男達 タンバイ

そんなこんなで見てくれがあまりよろしくなく、腕の付け根には邪悪な顔をした蛇の刺青の入った男を筆頭とした4人に囲まれてしまった私だが、子供達に懐かれている彼等を見て私は少し安心感を得ていた。 エフレン氏に聞くと、彼等のような定職に就かず平日の…

フィリピンの治安の悪さ タンバイと呼ばれる男達

ついに時はきた。 今までは序章の序章であった。 ”フィリピン”なめとんな貴様…!?とニヤニヤと底知れない恐ろしさを満面に浮かべて近寄ってくる男がいた。 初めての海外旅行フィリピンの良い思い出たちはこれを機に帳消しにされ、自分史上に刻まれる暗黒の1…

子供がかわいい フィリピン ダバオ路地裏探索記

この1年前までは決して子供を好きだと思ったことがないと断言できる、私であるが最近、子供がかわいく思えてくるときが多くなってきた。 おそらく私の足しげく通ってるダバオの巨大迷宮には貧困層が多く、英語で話せる子供はすくない。しかし、それならばと…

日本人のモテる国 フィリピンのモテ基準

モテる。 ここダバオに来てからやけに現地の女性にチヤホヤされるのである。嘘ではない。 私は日常的な買い物を下宿先のホテルの近くにある「ゲイサノモール」という大柄ショッピング施設でたしているのだが、行くと毎回見知らぬ女性達から声をかけられるの…

フィリピンでは実際にはそれほど英語は話されていない?路地裏探索記

何かを隠しているような魅力を醸し出すダバオの巨大迷宮のような路地裏に本日も足を運んでみた。 相変わらず出口に到達しない迷宮である。 ゴミが結構落ちているのだが、そこかしこに柔軟剤の良い香りやシシッグという鶏肉や豚肉を油と玉葱で炒め半熟卵をの…

フィリピン ダバオ路地裏探索記

やぁやぁ諸君。 徐々にこの国の酷暑に体も慣れてきたので、午前中からでも行動できるようになってきた私である。 先日の記事でも書いたが私の下宿先のホテル付近には多くの路地裏があり、異国のスラム街のような怪しげな香りを惜しげもなく漂わせている路地…

フィリピン ダバオ探索記2

屋根から漏れた光がチラチラと顔を照らし、私は少し背中を痛めて起きた。 結局先日は近所の人達と手押し相撲、腕相撲をやりながら酒を浴びるほど飲み、目を覚ますと朝になってた。昨日の記憶がふわふわなので多分、私はギボに日本語を教えたとは思うのだが定…

すばらしき市民性 フィリピン ダバオ探索記

早朝からエフレン氏との対話練習を終えて、午後からは町の探索に出かけた。 毎度のことだが、外に出て数歩歩いたところで私は早々にゲンナリした。 この尋常ではない暑さが一年中続くというのだからフィリピンに行かれる方がいたら正午に外に出歩くのはお勧…

初対面のフィリピン人家族に家に招待され、深酒してしまった話

そんなこんなで初対面の男にホイホイとついていき、彼等の家で夜ご飯をごちそうになり、稚拙な英語をふんだんに使って意思疎通に励んでいると、彼の親父さんが「お酒を飲もう」と言うので酒までごちそうになってしまった。 画像手前のなぜか真顔の男が私を家…

フィリピン ダバオを探索してみた

ダバオに来て2日目。 外の気温は34℃。湿度は78%。 朝から街を探索しようと思ったが、まだ体が慣れないのと思いのほかベットの弾力が心地よいので「もう少し休眠が必要だ」と決意し私は眠りにつき、次に目を覚ますと時刻は午後2時であった。 やはり慣れない…

フィリピン1治安のよい(らしい)ダバオに旅 

やぁ諸君。 先日、知り合ったフィリピン人のエフレン氏が「安く英語を学びたいんだったらダバオにおいでよ。」と言われたので、単身、ほとんど何も調べずにフィリピンに旅立ってみた。 ダバオ航空に到着してしばらく経っても、一向にエフレン氏が現れなかっ…